銀杏(ぎんなん)と銀杏(いちょう)
脚本家
澪蓮(みれん)P@せぶんす・ふつかめげん...
投稿日時
2019-10-02 20:03:59

脚本家コメント
ドラマシアター日常杯、予選参加作品です。

コメントを残す
エミリー
はむはむ…はむはむ…!
四条貴音
真、美味ですね。この銀杏(ぎんなん)は。
七尾百合子
そうですね!私も読書の合間によくつまんじゃいます!
七尾百合子
今もこうして…はむっ!
七尾百合子
今もこうして…はむっ!う〜ん、美味しいです!
七尾百合子
でも、食べすぎには注意ですね…銀杏(ぎんなん)中毒があるぐらいですから…。
四条貴音
なんと…!銀杏(ぎんなん)には中毒を起こす恐れがあるのですか!?
四条貴音
私…もう100粒は食べてしまいましたが…!
エミリー
Wow!貴音さんいつの間にそんな量を!
七尾百合子
ストップ!貴音さんストップです!成人だと40粒から中毒になるって言われてますから!
四条貴音
…なんと…名残惜しいですがここは食べるのを控えた方が良いようですね…。
エミリー
それが良いと思います…中毒起こして舞台に立てなくなってしまっては本末転倒ですものね。
エミリー
そういえば、昔から気になっていた事があるのですが…お聞きしてもよろしいでしょうか…?
四条貴音
はい、どうしましたエミリー?
エミリー
その…銀杏(ぎんなん)と銀杏(いちょう)ってどうして同じ漢字を使うのでしょうか…?
エミリー
同じ秋の風物詩で銀杏(ぎんなん)は銀杏(いちょう)の実という所まではわかるのですが…?
四条貴音
確かにそうですね…!はて、どうしてでしょう…?
七尾百合子
それは銀杏(いちょう)の中国名『ヤーチャオ』が由来とされてるんですよ!
七尾百合子
元々銀杏(いちょう)は銀杏(ぎんなん)の木って言われてたんですが…
七尾百合子
『ヤーチャオ』読みが日本に入って来て訛って銀杏(いちょう)とも読むようになったんですよ!
四条貴音
流石は百合子…その知識量には驚かされます…!
七尾百合子
そうですか?ま、まぁ…諸説ありますけどね…えへへ…。
エミリー
でも、これでひとつまた謎が解けました!百合子さん、ありがとうございます!
七尾百合子
お、お役に立てたんだったら良かったけど…。
七尾百合子
…それにしても、銀杏(ぎんなん)、結構食べちゃいましたね…。
エミリー
それでは、一度外に出て銀杏(いちょう)を見に参りましょうか?
エミリー
外もほら!あんなに色付いて…食後の運動には最適ですよ!
四条貴音
ふふ…読書をしながら銀杏(ぎんなん)を食した後は、散歩で身体を動かして…
四条貴音
銀杏(いちょう)の彩りの芸術に想いを馳せる…。
四条貴音
真、秋を全身全霊で感じる事が出来ますね…!
エミリー
ですね!これぞ日本の秋ですね!
四条貴音
では、参りましょうか!
七尾百合子
あ、2人ともちょっと待ってぇ!この本、これからが良いところなのに〜!