怖いもの見たさもほどほどに
脚本家
stardustP_アステル@夢見りあむソロデ...
投稿日時
2019-11-26 00:53:28

脚本家コメント
765のアイドルが心霊スポットで肝試しをするおはなし。

テーマを聞いて真っ先に思ったのが『王道は外そう』でしたね。
同じような内容で被るよりは少し奇をてらった方がいいかなと。
あ、お題はちゃんと入れましたよ。申し分程度ですが。

初参加ゆえ緊張しておりますが、どうぞよろしくお願いします。

コメントを残す
横山奈緒
ふー、ようやっと折り返し地点にたどり着いたわ。ほな少し休もうか。
春日未来
分かりました! 少し休憩したら反対側から降りましょう!!
横山奈緒
……ところで未来、アンタ怖がりなんちゃうん? 大丈夫なん?
春日未来
一人だと怖いですけど、誰かが一緒なら平気かなー、って。えへへ……。
横山奈緒
……まぁ、大丈夫ならええか。
横山奈緒
しっかし、まさか12月の夜に廃校で肝試しやるなんて予想もしてなかったわ……。
春日未来
麗花ちゃんがオススメの心霊スポット見つけた、っていうからみんなで行くことになったんだよね。
横山奈緒
だとしても季節逆やん! 半年早いわ!! ていうかさっきからメッチャ寒いんやけど!!
春日未来
あー……確かにちょっと寒いかも……とりあえずここから出––––、
佐竹美奈子
二人とも、楽しんでる?
春日未来
ひっ!?
横山奈緒
み、美奈子!? 気配なんて微塵も……ていうか一緒にいた響はどしたん?
佐竹美奈子
あー……楽しくて夢中になってたらはぐれちゃった。
横山奈緒
ダメやん! 響はああ見えてメッチャ怖がりなんやから一人にしちゃアカンやろ!!
佐竹美奈子
そういえばそうだったね。じゃあ少し休憩したら迎えに行くよ。
横山奈緒
しかしなんや、この教室も薄気味悪くて落ち着かんわ……なんか話せえへん?
春日未来
美奈子ちゃん、なんかとっておきのお話ない?この学校の怪談とか!!
横山奈緒
アホ! こういう時は楽しい話が定石やろ! それじゃ逆効果や!!
佐竹美奈子
そうだね……それじゃ、この学校で亡くなったある女の子の話でもする?
横山奈緒
はぁ……もうええわ。美奈子、続けて。
佐竹美奈子
この学校が少子化で廃校になる前、10年くらい前の話なんだけどね………。
佐竹美奈子
ある一人の女子生徒がいたんだけど、その子は生まれつき重い病気を抱えていてね………。
佐竹美奈子
小学校を卒業するまでは、ロクに学校も行けなかったんだって。
春日未来
そうなんだ……生まれつき、って辛いよね……。
佐竹美奈子
でも中学に上がる時、ある程度病状が回復したからお医者さんから登校の許可が下りたんだって。
佐竹美奈子
体力を使いすぎなければ、問題なく学校生活を送れる、って。
横山奈緒
そっか、よかったなぁ……。
佐竹美奈子
でもその子、長く楽しみにしていた学校生活ではしゃぎ過ぎちゃったみたいでね……。
佐竹美奈子
校内をあちこち探検してる時に、病状が悪化して倒れちゃって……。
佐竹美奈子
すぐ病院に搬送されたけど、間に合わないまま息を引き取ったんだって……。
横山奈緒
中学で………まだ思春期真っ盛りやん……やりたいこといっぱいあったろうに………。
佐竹美奈子
それからかな。この学校で警備員さんが夜にその女の子の霊がさまよう姿を見た、ってウワサ……。
横山奈緒
確かに怖い話やけど、同情せざるを得ない悲しい話やな……。
横山奈緒
けど美奈子、そんな詳しい話どっから持ってきたん?
佐竹美奈子
一応ここの学校では有名な怪談だったからね。ちょっと調べてきたんだ。
横山奈緒
(私もちょいちょい調べたけど、そこまで載ってたかな……?)
佐竹美奈子
それで、この怪談には続きがあってね。その女の子の幽霊に見つかった人は––––––、
横山奈緒
ストーーーーーップ!! それ以上はやめぇや!! ホンマに嫌な予感しかせえへんて!!!
横山奈緒
ほな未来、行くで。さっきからメッチャ寒うなってきたわ………。
春日未来
あ、うん。でも奈緒ちゃん、ちょっといい?
春日未来
美奈子ちゃんがいる辺りの空気だけすっごく冷たい気がするんだけど、気のせいかな………?
横山奈緒
アホ!! 怖いこと言うなや!! はよ行くで!! 美奈子もちゃんと響拾ってくるんやぞ!!
佐竹美奈子
はーい♪ じゃあまた後でね。
佐竹美奈子
・・・・・・・・・。
佐竹美奈子
・・・・。
佐竹美奈子
『へぇ………久し振りに人が来たから会って話してみたけど、結構面白い子達だね。』
佐竹美奈子
『特に後ろの未来って子、勘はいいみたいだね。取り憑いてるのがバレたかと思っちゃった♪』
佐竹美奈子
『いっぱい遊んだら返すつもりだけど、今はまだこの人の体を借りてくね。』
佐竹美奈子
『何しろ思春期の中学生だもの。いっぱい楽しまなきゃ損だよね!!』
佐竹美奈子
『うふふふふ・・・』