繋げよう、ミルキーウェイ!
脚本家
平沢ヒラリー
投稿日時
2019-12-04 17:45:13

脚本家コメント
シリアス杯準決勝投稿作品。
ミルキーウェイユニットストーリー第※話「紗代子のワガママ?」より。

コメントを残す
星井美希
Zzz……
高山紗代子
美希ちゃん、起きて。そろそろレッスン初めないと。
星井美希
ん……むにゃむにゃ。今日は寒いから遠慮しとくの。あふぅ……
高山紗代子
ダメだよ、今日は皆が揃うんだから。こういう時に全体の振り付けを確認しておかないと。
星井美希
あとで合わせるからシンパイないの。おやすみなさい……
高山紗代子
……何よ、それ。
星井美希
紗代子?
高山紗代子
そうね、こんな初歩的なレッスン、美希ちゃんには必要ないよね。ごめんなさい、お昼寝の邪魔して。
星井美希
え、えっと。紗代子、もしかして怒ってる?
高山紗代子
あ。ご、ごめん。そういうつもりじゃなかったんだけど。その……
高山紗代子
ごめん。ちょっと、頭冷やしてくるね。
星井美希
あっ、待つの!
二階堂千鶴
弱りましたわね。わたくしともあろうものが、長袖のレッスンウェアを忘れてくるとは……あら?
二階堂千鶴
紗代子?どうしたんですの、もうレッスンが始まる時間ですわよ。
高山紗代子
あ、千鶴さん。お疲れ様です。すみません、ちょっと待っててください。
二階堂千鶴
何がありましたの、そんな暗い顔して。さっきまであんなに張り切ってらしたのに。
高山紗代子
そ、そんなことありません。私はいつでもやる気十分ですよ。ほら、このとおり。
二階堂千鶴
紗代子。カラ元気が役立つ時もありますけど、きちんと話すことはもっと大切だと思いますわ。
高山紗代子
……すみません。実はその、さっき、美希ちゃんについ。
二階堂千鶴
……なるほど。でもそれは美希が良くないですわよ。あなたは注意しただけでしょう?
高山紗代子
そうかもですけど。でも私、もしかして嫉妬心であんなこと言っちゃったのかなって。
二階堂千鶴
嫉妬?
高山紗代子
美希ちゃん、すごいですよね。とっても可愛くて、何をやっても大成功で。
高山紗代子
私が何日もかけて覚えることも、ちょっと見ただけですぐ出来て。本当に天才だなって思います。
二階堂千鶴
それは、でも……
高山紗代子
ええ。だから、努力しないといけませんよね。不満を言ったって何も進みませんから。
高山紗代子
すみません、変な事言っちゃって。気持ちを切り替えなきゃ。まず、美希ちゃんに謝って……
二階堂千鶴
本当にそれでいいんですの?謝れば一応解決はしますわ。
二階堂千鶴
けど、それであなたはなんのわだかまりもなく美希にきちんと向き合えて?
高山紗代子
……分かりません。でも、さっきのは私が悪かったんですから。
二階堂千鶴
そうですの。
二階堂千鶴
そうですの。
……美希、あなたはどう思いまして?
星井美希
あ。千鶴、気づいてたの?
高山紗代子
え?う、嘘。美希ちゃん、いつからそこに?
星井美希
紗代子と千鶴が話してるの聞こえたから。えっと……ごめんね、紗代子?
高山紗代子
う、ううん。私の方こそごめん。いきなりあんなこと言っちゃって。
二階堂千鶴
紗代子、言ったでしょう。本当にそれでよろしくて?
高山紗代子
……
高山紗代子
……
あのね、美希ちゃん。私、まだアイドルとしては未熟だと思う。
高山紗代子
だけど。ううん、だからこそ、このユニット公演は成功したい。アイドルとして成長するためにも。
高山紗代子
だから、美希ちゃんにはしっかりリーダーを務めてほしい。私達を引っ張っていってもらいたいの。
星井美希
紗代子……
高山紗代子
ワガママを言ってごめん。でも美希ちゃんと一緒にやれるのは私にとって、大きなチャンスだから……
星井美希
……あはっ。そんなのがワガママだなんて、紗代子は変わってるの。
高山紗代子
そ、そう?
星井美希
うん。でも紗代子らしいの。そういうことならまかせておいて?ビシバシ鍛えてあげるの。
高山紗代子
……うんっ。望むところよ、しっかりついていくからね!!
二階堂千鶴
どうやらひと安心ですわね…あら。二人とも、朋花と昴が来たみたいですわよ?
星井美希
よーし。それじゃ始めるの。紗代子、しっかり付いてきてね?それから千鶴達も。
高山紗代子
はいっ!!