風の輪郭
脚本家
瑞名子路
投稿日時
2019-12-13 13:54:36

脚本家コメント
 ドラマシアターを作っていると、書いているというよりも、積み重ねている、と感じることがあります。

コメントを残す
ロコ
屋上の扉は、いつか触れた時と比べて、少し重くなったような気がする。
ロコ
扉の軋むような音に、レイカが振り向いた。そして、柔らかく微笑む。
ロコ
「レイカ、そろそろシアターに戻らないと」
北上麗花
「『分かりあえないことは、悲しいことではありません』だって」
ロコ
「え?」
ロコ
レイカは困り顔で俯くと、くるりと反転して歩き始めた。柵の向こうには、冬の街と、青空。
ロコ
ああ、今のは。
ロコ
今のはきっと、プロデューサーの言葉だ。
ロコ
彼が亡くなって10日経った今日、高木社長によって、一人ひとりに手紙が渡された。
ロコ
近づいて隣に立つと、レイカはさっと顔を上げた。釣られて、冬の空を見上げる。
ロコ
まばらな薄い雲がゆっくりと身じろぎして、その周囲は突き抜けるほどに青い。
北上麗花
「いい天気だね」
ロコ
レイカの快活な声が、下から聞こえてくる。
ロコ
「ええ、グレイトな……
ロコ
「ええ、グレイトな……え、下?」
ロコ
──瞬間、足場が揺らいだ。
ロコ
必死でレイカの頭にしがみつく。悲鳴を上げなかった自分を褒めてあげたかった。
ロコ
「レ、レイカ。降ろして
北上麗花
「ねえ、ロコちゃん」
ロコ
肩車への非難は、朗らかな呼び掛けによって上書きされた。
北上麗花
「……うーん。ロコちゃん、あんまり重くないね」
ロコ
かと思えば、声のトーンは尻すぼみに落ちていく。
ロコ
肩車の意味は……なんだろう。地に足をつけるための、重さが必要だったのかもしれなかった。
ロコ
レイカは、どこか遠くを眺めている様子だった。
ロコ
顔を上げてみると、レイカの肩の上からの景色は、さっきまでと少し違って見えた。
ロコ
「ここからのスカイは、とってもニアですね」
北上麗花
「びっくりした?」
ロコ
「少し。でも、悪くないディスタンスです」
ロコ
風が吹いた。左右に分かれたレイカの髪が、さらさらと流れて、思わず身を竦める。
北上麗花
「悲しくなんてないですよ」
ロコ
──その声が、
北上麗花
「あの日からずっと」
ロコ
その声が、あまりにも優しかったから。
北上麗花
「今だって……」
ロコ
ほんのちょっと、視界が歪んで、それから、レイカはゆっくりと歌い始めた。
ロコ
踊るように飛び出した歌が、風にさらわれて広がっていく。
ロコ
冬の冷気は音楽を包んで、弾ける。粒子は風のなかに溶けて、すぐに見えなくなる。
ロコ
レイカの歌は、いつもより緩やかなテンポで響いている。
ロコ
少し震えた、それでも伸びやかな声は、ぐんぐんと飛翔していく。
ロコ
──ああ。
ロコ
例えばこの歌が、いつか終わってしまうとして。
ロコ
例えば今日という日が、いずれ終わってしまうとして。
ロコ
例えば、例えばひとりの人間の、掛け替えのない時間が終わってしまうとして。
ロコ
それでも、今感じられる風色の軌跡は、まるで階のようにここに在るのだろう。
ロコ
触れ合えないけど、確かにそこにある。残滓の性質は、どこか記憶に似ていた。
ロコ
流れる雲、冬の風、そして青空。思えば自由は、こんなにも近くに寄り添っている。
ロコ
どんな場所だって、風のありかを持っている。私たちが感じ、見つけさえすれば。
北上麗花
「……ありがとう。帰ろっか、ロコちゃん」
ロコ
「はい。シアターで、みんなが待ってます」
ロコ
くすん、と小さな音が響いた。