コトダマ
脚本家
雄たけび巨人
投稿日時
2020-02-04 01:48:40

脚本家コメント
久しぶりに書いてみました。大変だけど、やはり楽しいものです。

コメントを残す
馬場このみ
-こんにちわ!
馬場このみ
耳元を過ぎ去っていった懐かしいような声に、立ち止まる。
馬場このみ
だれ?
馬場このみ
誰もいないはずの帰り道を振り返る。そこにはやはり誰もいない。
馬場このみ
学校の帰り道。いつもは通らない人気の少ない道に、今日は誘われた。
馬場このみ
……ま、いっか。
馬場このみ
なんでこの道を通ってるのかは、分からない。いつもは怖くて通らないのに。
馬場このみ
でもなんだろう。今日は怖くないや。
馬場このみ
お日様が気持ちいい。
馬場このみ
たぶんきっと、その程度の理由かもしれない。
馬場このみ
ふと、池に近付き、自分の顔を覗き見てみる。
馬場このみ
にこー。
馬場このみ
そういえば昔、お母さんから聞いた。私は、よく笑う子だったと。
馬場このみ
にこー。
馬場このみ
おまけに笑ってみせる。可愛いもんだな私。
馬場このみ
-ふふふ
馬場このみ
今の私じゃないよ?
馬場このみ
キョロキョロと周りを見やっても、木と池しかない。
馬場このみ
なんだろう…
馬場このみ
ちょっと怖かったので、しばらく固まっていた。
馬場このみ
……。
馬場このみ
あれ?
馬場このみ
あの方向…たしか…
馬場このみ
と、ふと胸中で呟いたとき。
馬場このみ
……わっぷ!?
馬場このみ
強くてあったかい風が吹いた。
馬場このみ
……っ!?
馬場このみ
ふと佇まいを直す。水面に映る自分の顔を見て、もう一度笑うのだ。
馬場このみ
ふふ。
馬場このみ
そう…風が運んでくれた…
馬場このみ
-大きくなったね
馬場このみ
大好きだった人の声に……応えるように。