アイマス・ゾーン(1)
脚本家
一丁倫敦
投稿日時
2020-02-11 08:50:13

脚本家コメント
トワイライトゾーンを元ネタにした連作です。

コメントを残す
高木社長
ふむ、今日の収益はこれか。劇場もどうやら軌道に乗ってきたな。
高木社長
アイドル諸君も知名度が上がってきたし、この調子でいきたいね。さて、帰るとするか……ん?
菊地真
やあ。高木順二朗だね?
高木社長
菊池君?
……いや、よく似ているが違うな。誰だね?
菊地真
誰、と聞かれると説明しにくいね。ま、あんた達の感覚で言えば悪魔とか死神ってやつ?
高木社長
はっはっはっ、面白いねえ。ハロウィンの予行練習か、コスプレの押し売りかな?
菊地真
あー、やっぱりそういう反応だよなぁ。だからこの制服はもう時代遅れだって言ってんのに。
菊地真
まぁいいや。ほら、見てみなよ。
高木社長
そのスマホがどうかしたかね。撮影モードになっているようだが…ん??
菊地真
ほら、映ってないだろ。僕は人間の機械や鏡には映らないんだよ。つまり…
高木社長
これはすごい!どうやったのかね、私も手品が趣味だがこんなトリックは初めて見たよ。
菊地真
って、そう来るかぁ。まあそれもよくあるパターンだけどさ。
菊地真
仕方ないな。あんまりやりたくないけど結局こうなるんだよね…ほいっと。
高木社長
よし、タネを暴いてみせ…ぐっ!?な、なんだ。急に胸が苦しく……
菊地真
ほいストップ。どう、理解してもらえた?
高木社長
は、はあはあ。今のは一体。まさか、本当に……?
音無小鳥
失礼します。社長、大声出してましたけど何かありましたか?
高木社長
ああ音無くん。いや、この菊池君そっくりの子がね。
音無小鳥
え?あの、何の話ですか?
高木社長
いやだから、ここにいる子だよ。彼女が私に奇妙なことを……
音無小鳥
何言ってるんです、ここには私と社長しかいませんけど。
高木社長
何?
……まさか、キミは他人には見えていないとかいうやつか?
菊地真
そ。お約束だろ?
高木社長
そ、そうか。本当に見えていないのか……
音無小鳥
えっと社長?私、そろそろ帰りますけど。戸締まりはどうしますか?
高木社長
あ、ああすまない。私がやっておくよ、お疲れさま。
音無小鳥
はい、それじゃお先に失礼しますね。お疲れさまでした、また明日もよろしくお願いします。
菊地真
……どう、信じる気になった?
高木社長
どうやら本当らしいな。もっとも、二人でドッキリという可能性も無くはないだろうが…
菊地真
まだるっこしいなあ。まあいいや、こっちは用件を伝えに来ただけだし。
高木社長
用件?
菊地真
そう。単刀直入に言うよ、高木順二朗さん。あなたは
菊地真
そう。単刀直入に言うよ、高木順二朗さん。あなたは…
菊地真
そう。単刀直入に言うよ、高木順二朗さん。あなたは……
菊地真
そう。単刀直入に言うよ、高木順二朗さん。あなたは……
明日までの命です。
高木社長
何!?