アイマス・ゾーン(終)
脚本家
一丁倫敦
投稿日時
2020-03-11 13:06:15

脚本家コメント
ラストです。間隔が空いてしまった

コメントを残す
菊地真
……いや〜。なるほど、アイドルっていいものなんだね。人間が夢中になるのもわかる気がするよ。
高木社長
そうだろう。楽しんでもらえて良かったよ、機会があれば劇場で公演を見てもらいたいね。
菊地真
そうだな、スケジュールを確認して……
菊地真
そうだな、スケジュールを確認して……
(ニ〜コニコ動画♪)
菊地真
ん、今の音なに?
高木社長
おっと、パソコンに時報を設定していたんだった。日付が変わるとお知らせしてくれるんだよ。
菊地真
日付だって!?じゃ、今は。
高木社長
ああ。時計を見てみるかね?
菊地真
0時02分。たしかに日付が変わっているな……
高木社長
キミの話では天海くんは昨日のうちに連れていくということだったね。この場合どうなるのかな?
菊地真
……こういう場合、彼女は連れていけない。決めた約束を守れなかったわけだからな。
菊地真
やられたよ。高木さん、あんたは口がうまいな。
高木社長
なに、私の力じゃない。天海くんがそれだけ魅力的なアイドルだということさ。
菊地真
たしかにね。はぁ、こりゃ帰ったら始末書どころじゃすまない大失態だな。
高木社長
まあそういうこともあるさ。そうだ、私でいくらか埋め合わせはつかないかな?
菊地真
え?
高木社長
素晴らしいアイドルを送り出すまで寿命を延ばす。そういう約束だっただろう。
高木社長
死神が時間を忘れて夢中になるぐらいのアイドルを生み出せたんだ、満足だよ。
菊地真
そうか……じゃ、いいんだな?
高木社長
ああ。すぐ連れていくのかね?
菊地真
悪いけどね。こっちにも色々と予定があるから。そう毎回そっちの都合ばかりは聞けないよ。
高木社長
まあ元々無理を言っていたんだ、仕方あるまい…このパソコンは持って行ってもいいかな?
菊地真
かまわないけど、どうしてだい?
高木社長
商売道具さ。向こうでもわが765プロのアイドル諸君を売り出すためのね。
菊地真
そいつはいいな、もっと色々見たいと思ってたんだ。
高木社長
だろう?
……待てよ、いっそあの世で新しく事務所を始めるのもいいな。
高木社長
うむ、ティンときた!キミ、アイドルにならないかね。
菊地真
ぼ、僕が!?
高木社長
ああ。言っただろう、キミにそっくりなアイドルもいるんだ。彼女のようになりたくないかね?
菊地真
う、う〜ん。僕がさっきの天海春香みたいになれるとは思えないけど……
高木社長
アイドルも色々だよ、菊池くんにはまた違う魅力がある。向こうに着いたら説明してあげよう。
菊地真
そっか……じゃ、行こうか?
高木社長
ああ。
高木社長
ああ。
……
高木社長
ああ。
……みんな、すまないね。これからも活躍を期待しているよ?
秋月律子
…本当ですかプロデューサー、春香が助かりそうって!
プロデューサー
ああ、さっきお医者さんから言われたよ。まず大丈夫らしい。
秋月律子
良かったですね。うう、ぐすっ……
プロデューサー
おいおい泣くなって。ほら、しゃんとしないと。もうすぐ皆来るんだから。
秋月律子
泣くなっていう方が無理ですよ。そういうプロデューサーだって涙目じゃないですか。
プロデューサー
はは、たしかに。じゃ、オレはみんなに連絡するから。律子は社長に伝えてきてくれ。
秋月律子
はい。ふふっ、社長、きっと大泣きするんでしょうね。
秋月律子
社長、朗報ですよ……あれ、いない。変ね、ついさっきまでいたはずだけど。
秋月律子
トイレ…じゃないわよね、パソコンもないし。社長?どこにいるんです、お伝えしたいことが……