まごころを、君に。
脚本家
librasta
投稿日時
2020-10-14 06:38:22

脚本家コメント
絶対に真似しないでください。

コメントを残す
篠宮可憐
うーん……。
野々原茜
てな感じで悩んでる可憐ちゃんに話を聞いたところ、特別な人に贈り物をしたいと。
野々原茜
というわけで茜ちゃんの茜ちゃんによる可憐ちゃんのための特別お菓子作り講座の始まり始まり〜!
伊吹翼
わ〜!どんどんぱふぱふ〜♪
篠宮可憐
あ、あの、今のは誰に説明していたんですか……?
野々原茜
まーまー気にしない気にしない!早速始めてくよー!
伊吹翼
いえーい!
篠宮可憐
翼ちゃんはどうしてここに……?
伊吹翼
なんかおもしろそうだから!
野々原茜
さて可憐ちゃん問題です。特別な人に贈るお菓子といえば?
篠宮可憐
え?えっと……クッキー、とか……?
野々原茜
そうだね!チョコレートだね!
篠宮可憐
チョ、チョコレート?それはバレンタインじゃ……?
野々原茜
何を言う!特別な人に贈るといったら春夏秋冬朝から晩までどんな時でもチョコレートなんだよ!
伊吹翼
チョコおいしいですもんね!
篠宮可憐
は、はあ……。
野々原茜
可憐ちゃんにも分かってもらえたところで調理開始だよ。まず最初にこのチョコを……
野々原茜
直火にかけます。
篠宮可憐
あ、茜ちゃん!?それは最もやってはいけないことじゃ……!?
野々原茜
野郎は大体甘いものが苦手だからね!これでスウィートなチョコをビターに変えるんだよ!
篠宮可憐
や、野郎……?
野々原茜
次に昆布で出汁を取ります。
篠宮可憐
出汁!?
野々原茜
お好みの具に塩、コショウ、醤油少々。さらにごま油を入れるとグッと味が引き締まります。
篠宮可憐
も、最早チョコのレシピじゃないような……?
野々原茜
最後にアクを取ったら完成です。
篠宮可憐
アク!?
伊吹翼
(わーなんかもうすっごい)
篠宮可憐
だ、大丈夫なんですか?これ……?
プロデューサー
?:突然だがここで説明しよう!2人は何を思ってこんなことをしているのか!?
野々原茜
(特別ねぇ……どこの馬の骨か知らないけど、可憐ちゃんを誑かす輩は茜ちゃん許しませんよ!)
伊吹翼
(特別な人……可憐さんには悪いけど、プロデューサーさんだけは譲れない!)
篠宮可憐
これ食べれるんですか?危険な香りが……。
野々原茜
そんなことないよ!(パクッ)
野々原茜
作ったプロセスは壮絶だったけどこれぞ究極のチョコなんだよ!茜ちゃんを信じて!
篠宮可憐
茜さん……。
野々原茜
───
プロデューサー
救急隊員:急患です!何か毒物を口にした模様!
伊吹翼
茜さんの勇姿、わたし絶対に忘れませんからね!
篠宮可憐
───次の日
篠宮可憐
その、普段から言葉にはしてるつもりなんですけど、それだけじゃ足りないって思って……。
野々原茜
……。
伊吹翼
……。
篠宮可憐
いつもこんな私を助けてくれてありがとうございます。茜さん。
野々原茜
は、はは、ま、まさか可憐ちゃんにここまで慕われてるなんて、茜ちゃん涙が止まらないなー!
伊吹翼
あ、茜さん……。
篠宮可憐
翼ちゃんも……
伊吹翼
ゑっ。
プロデューサー
救急隊員:急患2名入ります!意識ありません!
プロデューサー
医師:またコイツかーッ!!昨日の付き添いまで!?